研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[電磁界が誘発する生合成の最初の相互作用] review

Initial interactions in electromagnetic field-induced biosynthesis.

掲載誌: J Cell Physiol 2004; 199 (3): 359-363

この研究は、「低周波電磁界(EM)には遺伝影響がある」という著者がテーマとする仮説について、その基盤となるメカニズムを論じている。「EMが生体作用プロセスを刺激する閾値は一貫して低く、このプロセスの賦活には小さなエネルギーしか必要としない」、「そのような弱い電界または磁界電子伝達反応を加速し、DNA内の電子との相互作用により転写刺激され、DNA二重鎖を支える水素結合不安定化させる」、などがその論旨である。