[1Hzから30 MHzまでの周波数帯内にいる人間の神経細胞および筋肉細胞に及ぼす電磁界の直接的影響] tech./dosim.

The direct influence of electromagnetic fields on nerve- and muscle cells of man within the frequency range of 1 Hz to 30 MHz.

掲載誌: Radiat Environ Biophys 1979; 16 (4): 309-323

いくつかの生物物理学的近似値を使用すること、および、人間を自由空間モデルと考えることによって、人間にとって危険であるかもしれない外部電磁界強度に対する限定した概略値が算出された。これらの限界値を超える電磁界強度に対して、30kHz未満の励起過程によって、危険が起こる可能性がある;30kHzより大きな周波数の場合、励起が起こる前に熱的効果が優勢である。中枢神経系における活動電位を引き起こすのに必要な外部電界強度は、コロナ形成レベルをはるかに超過している。しかし、励起は強い交番磁界によって可能である。さらに、脳と心臓電気的活動によって引き起こされる人体内を流れる自然な電流で、電気的および磁気的に誘発された電流を比較することによって、“下方境界線”が見積もられた。この境界線を下げている電界強度あるいは磁界強度を考慮することで、中枢神経系に対する直接的影響は排除されるかもしれない。他のメカニズムが、示された生物学的効果の原因である筈である。

関連論文