研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[デルタ波変調された超高周波電磁界のラットへの影響] med./bio.

Effect of delta-rhythm-modulated extremely high frequency electromagnetic radiation on rats.

掲載誌: Bull Exp Biol Med 2004; 137 (5): 423-424

この研究は、成熟ウィスターラットを用いて、超高周波電磁界(EHF EMR:搬送周波数37 GHz、ラットの体表面の電力密度 < 0.3 mW/ cm2、変調周波数は3.5 Hzおよび15 Hz)へのばく露睡眠行動に与える影響を調べた。3.5 Hzは脳電図デルタ波に対応するもの、15 Hzは対応しないものとして選択された。哺乳類が非常に敏感な地球物理学的要因の影響を排除するため、実験は、太陽活動低下期の春から夏までの期間に実施した。EHF EMRばく露前は、明るい光および大きな音による自然の刺激下に置いて活発な行動を促し、それぞれの実験のベースラインデータを取得した。実験は、最初に非変調ばく露セッション(2時間以上)、終了後ケージに戻して落ち着かせ、次に変調ばく露セッション(3.5 Hzばく露中の睡眠開始から1−2時間後に、ばく露停止または変調周波数を15 Hzに切替えた)を実施した。その結果、非変調のEHF EMRばく露を受けたラット行動は、ベースライン時と変わらなかった(活動的、一部は攻撃的でさえある);ケージでの安静中も行動に大きな変化はなかった;次の変調ばく露では、ばく露開始からは25〜30分の間、行動は受動的になり、その後、深い睡眠誘導され、その睡眠中は明るい光と大きな音に反応しなかった;睡眠持続時間は、3.5 Hz変調波のばく露時間に対応した;ばく露停止または変調周波数を15 Hzに切替の操作により、急速な覚醒が生じた;一方、停止や切替えの後に再び3.5 Hz変調波のばく露を始めると、深い睡眠が引き起こされた;実験終了後の行動は、ベースライン時と変わらなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To test in experiments the possibility of electrosleep induced by extremely high frequency electromagnetic irradiation modulated with a frequency equal to cerebral delta-rhythm oscillations.

詳細情報

Deep sleep induced by electric stimulation (electrosleep) is widely used in diagnostics and therapy of various diseases.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 37 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for not less than 2 h
ばく露2: 37 GHz
ばく露時間: 5 h maximum

ばく露1

主たる特性
周波数 37 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for not less than 2 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 The rats were persistently subjected to natural stimulation with bright light and loud sounds.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.3 mW/cm² maximum - - at the body surface

ばく露2

主たる特性
周波数 37 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 5 h maximum
Modulation
Modulation type cf. additional information
Additional information

The carrier frequency was modulated at 3.5 Hz (Δ-rhythm of the brain), at 15 Hz, and at 18.75 Hz (β-rhythm of the brain). It is not really clear from the article, which of the three frequencies was used when.

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.3 mW/cm² maximum - - at the body surface

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Extremely high frequency electromagnetic irradiation modulated with a frequency equal to cerebral delta-rhythm oscillations induced electrosleep.

研究の種別:

研究助成