研究のタイプ: サーベイ (疫学研究)

[無線周波ばく露の健康影響疫学] review

Epidemiology of health effects of radiofrequency exposure.

掲載誌: Environ Health Perspect 2004; 112 (17): 1741-1754

ラジオ周波電磁界RF)のヒトの健康に対する疫学研究をレビューした。これは、現状の知見を整理し、将来の疫学研究計画に役立たせるためである。数十年間にわたり、職業ばく露についての研究、特にがん心臓疾患生殖白内障、などがRFばく露と関連づけて行われてきた。最近では、ラジオやテレビなどの居住環境でのばく露白血病に焦点をあてた研究が行われている。また、携帯電話使用者で、脳腫瘍やその他のがんや不定愁訴などについての研究が行われている。これまでの研究では、RFばく露健康への悪影響との因果関係を示す一致して、明確な証拠はない。一方、関連性を見いだすには、多くの研究上の欠点がある。研究を見てみると、注意すべき点は、RFばく露評価の質である。RF技術を用いた新しい技術は至る所で利用されているが、RFへのばく露、それ以外へのばく露などについての知見が乏しい。さらには、これまでの携帯電話使用についての研究は、相対的に短期間に注目しており、小児ばく露結果などのデータが乏しく、公表されたデータは脳腫瘍白血病に着目しているなどに過ぎない。

影響評価項目

ばく露

研究助成

この論文に対するコメント