[胚筋細胞における電磁界影響の研究] tech./dosim.

Studying electric field effects on embryonic myocytes.

掲載誌: BioTechniques 1997; 23 (4): 736-741

細胞電界を曝露するといった電気生理学的測定を行うとき、いくつかの問題点が持ち上がる。伝導的な微電極パッチクランプ法による膜電位測定を測定する上で、電極によって作り出される場の歪みの他、使用する場による干渉に悩まされる。電気的活性よりも細胞はメカニズム活性を受けやすい。そこで著者らは、これらの問題を回避すべく、変動磁界に反応する心筋反応の測定の新手法を開発した。ガラスピペットを取り付けた縮小電気力学変換器を使用し、ピペットだけが細胞に接するようにした。また変換器の抵抗部位はウェンストンブリッチにした。またマイクロピペットの置き換えのたびに細胞の収縮活性が生じ、変換抵抗を変化させた。検出用の電流シグナルとなるウェンストンブリッチの出力は、分析用記録と増幅前のピコメーターによって電力シグナルへ変換された。

関連論文