[64および300MHzでのボリュームコイルおよびサーフェスコイル内の人体頭部の温度とSARの計算] tech./dosim.

Temperature and SAR calculations for a human head within volume and surface coils at 64 and 300 MHz.

掲載誌: J Magn Reson Imaging 2004; 19 (5): 650-656

この研究は、MRI撮影中の無線周波エネルギー吸収による人体頭部のSAR分布と温度上昇分布の関係を調べた。多層頭部数値計算モデルは、熱伝導率、熱容量、血液灌流代謝熱、電気的定数、密度を考慮に入れた。ボリュームコイルおよびサーフェスコイルについて、64および300MHzで計算した。その結果、組織により血液灌流速度と熱伝導率が異なるため、SARと温度上昇の空間的相関は余り良くない;ボリュームコイルを稼動させて頭部平均で3.0または3.2W/kgのSARを生じさせた場合、脳では血液灌流が高速のため、顕著な温度上昇が起きる可能性はほとんどないが、頭部組織1g平均のSARの限度値は超過する可能性がある、と報告している。