[電磁界の生物学的影響の研究を目的としたIn vivoパイロット試験用の無線周波システム] tech./dosim.

A radio-frequency system for in vivo pilot experiments aimed at the studies on biological effects of electromagnetic fields.

掲載誌: Phys Med Biol 2005; 50 (15): 3643-3654

900MHzの周波数で駆動している2つの長いTEMセルからなるばく露システムを示した。無線通信機器からの電磁界ばく露による生物学的影響を調査するために、900MHzの周波数で、均一波に対して、ブランドで多くの動物(セル当たり12匹まで)を同時にばく露できる。加温/冷房システムも、実験中、TEMセル内で快適な環境条件を維持するために設計した。ファントムとマウスについて数値解析、ならびに直接測定するために、正確なドシメトリ研究を行っている。その結果、ばく露の均一性はよく、電力効率よく、入力電力1W当たり全身SARの観点から見て、実験に対して十分であった。