[ヒト腫瘍細胞接着能に及ぼすhigh-strength MFの影響] med./bio.

Alteration of human tumor cell adhesion by high-strength static magnetic fields.

掲載誌: Invest Radiol 1992; 27 (10): 836-840

<目的>磁界の影響に関する研究は主にLF磁界をもちいているが、MRIによるhigh-strength static magnetic fieldの細胞に与える影響について検討した。 <方法>ヒトメラノーマ細胞及び正常線維芽細胞を単層培養し4.7Tの磁界に曝露し、細胞数、viability,及び接着細胞数を検討した。 <結果>4.7Tの磁界に72時間曝露しても、細胞数及びviabilityにメラノーマと線維芽細胞間でまったく差は見られなかった。しかし接着細胞数に関しては、曝露時間及び強度に応じてメラノーマ細胞接着細胞数が減少した。

ばく露