[ラットの松果体への磁界の影響:光による網膜の活性] med./bio.

Magnetic field effects on the rat pineal gland: role of retinal activation by light.

掲載誌: Neurosci Lett 1986; 64 (1): 97-101

ラット松果体機能に磁界が影響することに対して、網膜の関与が報告されたことを考慮して、ここでは、理論計算より、光受容体の薄暗い光りは、網膜による磁気受容が必要である仮説をテストした。成獣のオスラットを暗い赤光がある場所とない場所で、夜間、地磁気を一回反転させた状態にばく露させた。松果体のN-acetyltransferasc and. Hydroxyindole-O-methyltransferaseを磁気感受性の指標として測定した。暗い赤光にばく露させた動物では、松果体酵素活性が、対照と比較して、磁界刺激により有意に抑制された。反対に、磁界刺激による松果体応答は暗黒中では見られなかった。これらの結果は、薄暗い光による光受容体への刺激が、弱磁界んも感知に必要である考え方を支持している。

ばく露