[正常C3H/10T1/2細胞における細胞接合部でのメラトニンによりひきおこされる移送増強を50 Hz磁界はブロックする] med./bio.

A 50 Hz magnetic field blocks melatonin-induced enhancement of junctional transfer in normal C3H/10T1/2 cells.

掲載誌: Carcinogenesis 1995; 16 (12): 2945-2949

<目的>メラトニンがん細胞の増殖抑制的に作用する。ELF電磁界はDNAを損傷することがなく、したがってがんを発症させないということに関しては意見の一致をみている。しかし促進効果はあるかもしれない。ギャップ接合による細胞間情報伝達は細胞の分化増殖をコントロールするために必要でがん促進抑制するのに主要な役割を演じていると考えられている。蛍光色素を負荷して色素移動を定量化し、これに及ぼす磁界の影響をみる。 <対象・方法>マウス胎児のC3H/10T1/2CL8線維芽細胞をもちいた。垂直・正弦波磁界16G,30分間曝露した。細胞にトレーサー分子(tracer molecules)を導入する’scrape-loading'法を採用した。蛍光顕微鏡色素移動を定量した。 <結果>Fig1,TableⅣに示すように10^-10Mメラトニン細胞間情報交換を有意に増加させるが、磁界を同時に曝露すると、その作用はなくなる。 <結論>作用機序は不明であるが、磁界曝露によりチャンネル開口が影響された可能性が考えられる。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文