[その度毎に変わるスケジュールで急速に印加したり開放した60 Hz電磁界ばく露は非人類霊長類の血清メラトニン濃度を減少させる] med./bio.

Rapid-onset/offset, variably scheduled 60 Hz electric and magnetic field exposure reduces nocturnal serum melatonin concentration in nonhuman primates.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1995; Suppl 3: 119-122

<目的> 不規則なスケジュール電磁界を曝露した場合、ヒヒのメラトニン濃度に影響が現れるか否かを検討する。 <対象・方法> 2頭のヒヒを対象とした。電磁界の曝露様式は複雑(詳細本文参照)電磁界の立ち上がり立ち下がりは60Hzの半分の時間(8.3msec)で急速。強さは6kV/m、50μT、30kV/m、100μT曝露時間、期間ともさまざま血液は腹部大静脈に留置したカテーテルからp.m.20:00から翌朝8:00まで2時間間隔で採取、メラトニンはラジオイムノアッセイ法(Rollag法)によった。 <結果> Fig1に9日間電磁界を曝露した後の、メラトニン濃度を、Fig2に21日後のデータを示す。いずれも対照値に比べて、劇的な減少を示している。 <結論> 生物体は、規則正しい刺激にはすぐ慣れる。不規則な曝露様式が生物効果を高めるのではないか。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文