[60 Hz磁界ばく露とラットにおける尿中6-スルファトキシメラトニンレベル] med./bio.

60 Hz magnetic field exposure and urinary 6-sulphatoxymelatonin levels in the rat.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1998; 19 (3): 172-180

<目的>磁界メラトニンに及ぼす影響については、あるとする報告と、ないとする報告がある。経時的に測定可能な尿中aMT6sに及ぼす磁界曝露の影響を研究する。 <対象・方法>31-33日令のSD系ラット。60Hz、1mT水平磁界、12L:12D。1)1日20時間、43日間曝露、2)10日、3)1min on、1min offの間欠曝露を暗期の始まる2時間前に1時間、これを2日間、4)3)の間欠曝露を1日20時間、2日間。2時間畜尿をRIAでメラトニン測定。 <結果・結論>図1-4に上記4条件の実験結果を図示。いずれもコントロールに比べメラトニンに有意差はみられない。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文