[ラット松果体神経内分泌機能に及ぼすMRIの効果] med./bio.

Magnetic resonance imaging (MRI) effects on rat pineal neuroendocrine function.

掲載誌: Brain Res 1990; 506 (2): 294-296

<目的> MRIが松果体機能に影響するか否かをラットを用いて調べる. <方法> 雄Sprague-Dawleyラットを2群に分け(匹数記載なし),一方にイソプロテレノル2.5mg/kg注射.他群には生理食塩水を注射.MRI(静磁界1.5T)を45分間曝露した時の5ーHTとNーアセチルセロトニンを測定する. <結果および結論> イソプロテレノル注射により賦活された松果体セロトニン減少とNーアセチルセロトニンの増加がめMRIにより抑制された.

ばく露