研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[両親の職業と子供の脳腫瘍:死亡登録ベースの症例対照研究] epidem.

Paternal occupation and brain cancer in offspring: a mortality-based case-control study.

掲載誌: Am J Ind Med 1988; 14 (3): 299-318

小児脳腫瘍で死亡に基づく症例-対照研究でのリスク因子としての研究を行った。1959年から1978年の20年間に脳腫瘍で死亡したオハイオ生まれの子供が調査対象で、出生証明から得た情報を使って、対照の子供と同じ年齢、人種、性別で比較された。父親の職業に注目した症例と対照の子供で調査された。職業に無関係の交絡因士のコントロ-ルしながら、症例の父親は対照の父親よりも、農業、金属関係の仕事、建設業の構造作業職、機械産業の電気組み立て、設置、修理職などに雇用されていた(子供の死亡時)。この結果は注意して解釈されなければいけないが、父親の職業は小児脳腫瘍の潜在的な危険要素であるとする仮説を、調査結果は支持している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文