[人体頭部の現実的な3次元有限要素法] tech./dosim.

A realistic three dimensional FEM of the human head.

掲載誌: Physiol Meas 2001; 22 (1): 65-76

この研究は、人体頭部の現実的3次元有限要素モデル(FEM)を開発した。頭皮、頭蓋骨脳脊髄液(CSF)、大脳をモデル化した。6面体要素、特別なマスターマトリックスアセンブリ技術、反復的なSOR(逐次加速緩和)による解法を採用した。このアプローチは、最小のメモリ容量で手早くモデル化できるので、電気インピーダンストモグラフィ(EIT)または波源推定逆問題に応用すれば実用性がある。結果として、頭皮電極に比べ、浮腫または波源に近い硬膜下の電圧測定電極には3-4倍高い感度があった;周辺部の同電極感度は30-40%低くなる;電流流入には頭蓋部の電極が適切である。その理由は、硬膜下の電流より頭蓋電流は10倍を許容しなければならないからである;電圧測定電極から関心境域までの距離は感度に大きく影響するため、関心領域近くの深部の電極感度はさらに高くなった、などを報告している。