[極低周波弱電磁界に対する大腸菌細胞の系統的な反応] med./bio.

Systemic reaction of E. coli cells to weak electromagnetic fields of extremely low frequency.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1994; 34 (1): 5-12

異常粘性の時間依存的な手法により、7-12Hz、30μTの磁界ばく露された大腸菌細胞K12 AB1157のゲノムコンフォメーション状態(GCS)での変化を調べた。細胞ばく露した後、100-170分で、共鳴現象が再現され、また消滅した。影響の方向と規模は、磁界ばく露されている細菌培養の成長段階によっている。成長初期の定常相、その後の対数成長相での共鳴の周波数と半値幅は有意に違っていなかった。GCSに対するEMFの共鳴効果は、細胞分裂、DNA合成、タンパク合成によって大きな変化する。大腸菌細胞の統合的な反応を、極低周波電磁界ミリ波の共鳴状態で比較検討を行った。

ばく露

関連論文