[パルス電界の生物付着防止] tech./dosim.

Biofouling prevention with pulsed electric fields

掲載誌: IEEE Trans Plasma Sci IEEE Nucl Plasma Sci Soc 1998; 26 (3): 115-121

短期電気パルスによる水生害虫の一時的な不動化は、未処理の湖、川や海水を使用している冷却水システム内の生物付着を防止する方法として探究されてきた。実験室では、kV/mの電気パルス振幅を持つサブμ秒が、多い水生害虫制御に最も効果的であることがわかった。さまざまなパルス振幅と繰り返し率により、数分から数時間の時間幅で防止を制御することができた。一時的な不動化は回復可能な細胞膜破壊によって生じたと想定できる。実験から得られたデータを元に、潮汐水での電界実験を行い、流速は、システム内の水生害虫の滞留時間、約30秒であった。0.77μsのパルス幅、6 kV/cm振幅で冷却水システム内に適用時に水生付着物に対し完全に防御した。1kV/cmの振幅であっても、60, 000ガロンで1kWhのエネルギー消費となった。