研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[磁界ばく露と神経変性疾病:最近の疫学研究] review

Magnetic field exposure and neurodegenerative diseases--recent epidemiological studies.

掲載誌: Soz Praventivmed 2006; 51 (4): 210-220

この研究は、神経変性疾患低周波電磁界への職業ばく露の関連可能性を調べた疫学研究で、国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)の2003年報告にまだ含まれていない最近の研究の結果を分析した。文献検索は、オンラインデータベース(PubMed、ISI Web of Knowledge、DIMDI、COCHRANE)、専門的なデータベースおよび学術誌にて実施した。2000年1月から2005年7月の間に発表された8つの研究がレビューに含まれた。その結果、職業上の磁界ばく露認知症リスクとの関連の証拠はここ5年間で増加しているが、この知見への潜在的な交絡因子の影響は、今後の研究で評価する必要がある;筋萎縮性側索硬化症(ALS)に関しては、電気および電子工学的作業および溶接作業との関連を観察した以前の研究知見が最近の研究でも確認されたが、磁界ばく露との関連は未解決のままである;磁界ばく露パーキンソン病との関連を指摘しているのは数件だけである、と報告している。

ばく露

調査対象集団

影響評価項目

ばく露