[ウサギ耳のRFばく露による皮膚温上昇における血流の役割] med./bio.

Role of blood flow on RF exposure induced skin temperature elevations in rabbit ears.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2007; 28 (3): 163-172

このインビボ検査において、我々はウサギ耳介において局部体温が変化するのを計測した。これは、1.0gのウサギ耳の組織上に、0(擬似ばく露)、2.3、10.0、34.3W/kgの局所化SARレベルで、20分間の無線周波数(RF)照射をすることによって引き起こされた。皮膚温度に関するRF照射の影響が、耳において正常血流および非血流の両方で計測された。その結果は以下の二つに示された:(1)血流のかなり抑制された温度が34.3W/kgにおいてさえ増加するように、生理学的血流は耳介におけるRFに誘発された温度上昇を明らかに改変した;(2)正常血流状態のもと、一般市民ばく露(2W/kg)と職業ばく露(10W/kg)に対する現行の安全限界を近似している、2.3および10.0W/kgでのばく露は、ウサギの耳において重大な温度上昇を生じさせなかった。しかし、2.3W/kgは、非血流状態のもとで局所的皮膚温度上昇を引き起こした。生きた動物に対するモデル化データを推定する時は、血流生理学的影響を考慮すべきであること、そして、血流を含んでいないモデル化研究の結果を解釈する時は、特別の注意が必要であることを、我々の研究結果は実証する。

ばく露

関連論文