[科学的理解が進展しつつある状況での基準の設定] misc.

Setting standards in the presence of developing scientific understanding.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2006; 25 (4): 209-215

この論文は、新しい技術の利用に潜在するかもしれないハザードに対する安全基準の設定において、リスク科学の理念およびハザードが生じる状況に関する知識レベルの両方が重要であること論じている。ある要因による生物学的な影響のうち、低レベルの長期ばく露によるハザードを、その他の全ての影響を除外して、実験的に証明することは非常に難しい。低周波および高周波電磁界に潜在するかも知れないハザードについても、これが当てはまると述べている。この論文では、これまでに行われた様々なリスク要因の相対危険度を比較した3つの表(種々の疾患リスク要因が示した相対危険度、発がんリスク要因が示した相対危険度、種々のリスク要因によるハザードの結果として損失した生存日数推定値)を掲げ、これらを公衆に示し、議論の出発点にすることを提案している。

ばく露