[携帯電話からの電磁放射下での細胞動態のモデル化] tech./dosim.

Modeling cell dynamics under mobile phone radiation.

掲載誌: Nonlinear Dynamics Psychol Life Sci 2007; 11 (2): 197-218

GSM携帯電話パルス変調マイクロ波放射が、神経細胞イオンチャネルの開閉およびカルシウム振動に与える摂動現象は、脳の状態および脳波付帯徴候の活性化の根底にあるメカニズムである可能性が指摘されている。UMTS電話の使用によって他の症状が現れるように見られるため、現象について一体的枠組みが必要である。携帯電話放射細胞振動に及ぼす影響の可能性を明らかにするため、GSMとUMTSの低周波エンベロープを検出し、記録し、細胞モデルへの入力として用いた。確率論的共鳴の発生に適した連続的な正規領域およびカオス領域を持つ動的システムは神経の電気的活動の摂動を説明できると同時に、高感受性を持った人に知覚される低強度の信号についてさえも説明できるものである。この種類の神経モデルを上記の現象に関する還元主義者のヒントとして採用することができる。Hindmarsh-Roseモデルは、弱いGSMやUMTSによって引き起こされる周波数の強調および調整現象を表現する。神経細胞イオンチャネルの開閉およびカルシウム振動のよりリアルなシミュレーションは、Chay-Keizer動的システムを適合させることにより行われている。このような図式を用いれば、細胞のカルシウム調節メカニズムの観点から、問題となっている熱閾値以下の携帯電話信号に対する主観的感受性を説明することが可能である。この2種類の放射に関しては、前の世代のUMTS電話において割合が高かったELF帯域の放射は、放射出力を下げることによって補われた。

ばく露