研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[携帯電話の電磁界がヒトに及ぼす神経生理学的影響:包括的レビュー] review

Neurophysiological effects of mobile phone electromagnetic fields on humans: a comprehensive review.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2007; 28 (6): 415-432

【背景】近年、ますます多くの人が携帯電話を使用するようになり、使用者の脳に影響を与える可能性について疑問と疑いを生じた。ここ10年間に出版された携帯電話(MP)関連の電磁界(EMF)のヒトの電気生理学的影響と神経代謝影響についてレビューする。目的:レビューの目標は、信頼できる実験から得られた明確なシナリオを提示し、それらの実験の評価に批判的観点を提供すること。【方法】関連ある全ての論文を取り上げ、続いて、いくつかの基準によって論文を選出した。その基準とは、実験条件と被験者についての盲検法、無作為化またはカウンターバランス、ばく露特性および統計的分析法の詳細等である。【結果と結論】選出基準を満たした研究のみが記述され、評価され、議論された。MP-EMFsは皮質の興奮性における変化を通して正常範囲の生理学に影響するかもしれないこと、さらに、将来の研究においては、この研究分野に最もj重要な基準である方法論的制御と統計的制御の両方に対して特に配慮すべきであることが結論された。

影響評価項目

ばく露

この論文に対するコメント