研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[電磁場の標準設定における人の変動性と感度の測定] review

Accounting for human variability and sensitivity in setting standards for electromagnetic fields.

掲載誌: Health Phys 2007; 92 (6): 649-657

生物学刺激感応性と変動性は、リスク評価と標準設定にとって主要問題である。変動性は、群衆応答においての一般的な個体間の変動を含んでいる。しかし一方、刺激感応性は、遺伝学的、先天的、医学的あるいは環境的条件に基づく目立った極端な反応に関連している。リスク評価と標準設定に対して、これらのファクターは、薬の効能と用量反応関係に対する閾値の評価に影響を与え、典型的または標準的人間ではない、もっと刺激に敏感なメンバーを保護する取り組みを知らせる。変動性と刺激感応性の問題点は、電磁場の実験および臨床研究によって扱われるものの、調査研究員はこれらの重要な問題点にそれほど注意を払ってこなかった。この論文は、変動性に関する省略時解釈が如何にして心臓刺激の危険なしに60Hz磁場照射の推定値に組み込まれ得るか、そして、60Hzでの末梢神経への刺激反応の人口閾値と変動性が如何にして核磁気共鳴映像法研究におけるパルス傾度磁場研究から見積もられるかの例を提供する。無線周波照射に対する標準設定において、国際非電離放射線防護委員会は、“安全ファクター”の発展への配慮の一つとして温度感度の個人間の差異を使用する。しかしながら、刺激感応性も、10層そして追加の5層の安全ファクターの十分性あるいは超過性も、定量的に評価されてこなかった。心臓ストレス認知機能に関して平均的な人と敏感な人との間の反応範囲に関するデータは、これらの安全ファクターの再評価を通知し、データの欠けを特定することを査定するべきである。

影響評価項目

ばく露