[一般公衆のデジタルおよびアナログ放送送信機へのばく露比較] tech./dosim.

Exposure of the general public to digital broadcast transmitters compared to analogue ones.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2007; 124 (1): 53-57

地上デジタルテレビ放送(DVB-T)とラジオ放送(DAB)は現存のアナログ放送システムに置き換わることが予定されている。無線周波数(RF電磁界への公衆のばく露状況に関して、この切替えにより起こりうる変化を明らかにするために、300か所以上の同一の地点において、切替えの前と後に広範な測定が行われた。総ばく露量の最高値は、ICNIRPの一般公衆ばく露に対する参考レベル電力密度)の0.3%の値に達したに過ぎなかった。切替え前と後の両測定値の統計的分析により、ニュルンベルグおよびミュンヘン周辺のDVB-T開始地域の中心における平均ばく露値の増加が示されたが、これは主に送信局の放射電力の増加に基づくものである。ITU-RP.1546に基づいた計算プログラムを開発して、その計算値をばく露測定値と比較した。最適化により、全測定点の約80%において、その平均偏差は+3dBになった。

ばく露