研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[無線周波数電磁界:軽度ハイパサーミアと安全基準] review

Radio frequency electromagnetic fields: mild hyperthermia and safety standards.

掲載誌: Prog Brain Res 2007; 162: 107-135

本章では、無線周波電磁界(RF-EMF)ばく露に対する ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会、1998年)とIEEE C95.1(3kHz~300GHz無線周波電磁界へのヒトばく露に関する安全レベルのIEEE基準、2005年)による現行のばく露安全基準の根拠として役立つ論文について簡単なレビューを述べている。ここでは、ドシメトリ体温調節反応、行動反応、またこれらがRF-EMFの人体ばく露に対する安全ばく露限度値を導き出すためにどのように利用されかについて述べている。電磁界スペクトルの3kHz~300GHzの部分でのエネルギーは、独特な方法で吸収され、ドシメトリにおいても影響においても電離放射線とは異なっている。RF-EMFばく露により、生体深部で熱に変換されたエネルギーは蓄積され、ヒトが通常経験するエネルギーの流れとは異なる独特なエネルギーの流れを引き起こす。RF-EMFばく露による行動への影響は、感知から訓練化された行動の完全停止までの範囲がある。RF-EMFは感知可能で、ほとんどの場合おそらく熱メカニズムによって、行動の嫌悪、中断、完全停止(作業停止)を起こすようにできている。安全基準はRF-EMFに対する実験動物行動反応を根拠にして、さらに、RF-EMFから人体防護するための安全側に立ったレベルが提示するために4種類の特定RF周波数でのヒトの体温調節反応に関する慎重な研究によって質を高めた。

影響評価項目

ばく露