[ヒトボランティア研究に用いる各種のRFばく露装置のドシメトリ評価と比較] tech./dosim.

Dosimetric evaluation and comparison of different RF exposure apparatuses used in human volunteer studies.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2008; 29 (1): 11-19

この論文は、3つの大学(Turku, Swinburne, Zurich)で行われたRF電磁界ばく露に関するヒトボランティア研究のばく露条件について比較検討している。比較の結果、Zurichの研究は、実験用に最適化されたばく露装置を用いたが、他の2つの研究は市販の携帯電話を用いたため、詳細なドシメトリデータがない;Zurichの研究は、標的の大脳半球全体へのばく露を行ったが、他の2つは頭部の一部に限局したばく露を行った;大脳皮質の1g平均SARは、Swinburneでは0.19W/kg、Turkuでは0.31W/kg、Zurichでは1W/kgだった;視床平均ばく露量を見ると、Swinburne、TurkuはZurichのばく露量の5%と9%であった、と報告し、ボランティア実験装置におけるドシメトリ評価の重要性を強調している。

ばく露

この論文に対するコメント