[GSMとUMTS基地局周辺の一般住民のばく露の決定] tech./dosim.

Determination of the general public exposure around GSM and UMTS base stations.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2007; 124 (1): 40-47

【背景と目的】 GSMとUMTS基地局周辺の一般住民のばく露を明らかにするため、測定による方法と計算による方法を開発し、様々な場面(シナリオ)に適用してみる。【方法】基地局周辺電磁界の時間領域および空間領域の変数は適切最大化法で考えた。【結果】測定値は、ばく露限度値の0.01%から10%以上までの強度を示した。基地局までの距離は、重要な影響要因ではないが、メインローブに対する向きと視界条件はばく露に大きく影響した。市販の数値シミュレーションプログラムがばく露予測に使えるかどうか試験的に使ってみた。基地局から一直線の視界があるシナリオでは、全てのプログラムはばく露を正しく予測できた。一方、基地局が見通せないシナリオでは、自由空間モデルは実際のばく露を数桁過大に推定した。

ばく露

関連論文