[フロリダ大学の小児voxelファントムにおける50 MHzから4 GHzの全身平均SAR値] tech./dosim.

Whole-body-averaged SAR from 50 MHz to 4 GHz in the University of Florida child voxel phantoms.

掲載誌: Phys Med Biol 2007; 52 (22): 6639-6649

フロリダ大学のBシリーズ小児ファントムは、医療およびばく露防護を目的とした光子ドシメトリ用に開発された。このシリーズには9カ月男児、4歳女児、8歳女児、11歳男児、14歳男児がある。本論文で、50MHz~4GHzの平面波ばく露した子どもにおける全身平均比吸収率(SAR)を計算するためにこれらが用いられた。1GHzまでのICNIRP公衆ばく露参考レベルの適用については、子どもへの配慮が重要である。NORMANおよびNAOMIの均一スケールモデルでは、ICNIRP参考レベルが、5歳と1歳のモデルに対する全身平均SARの基本制限の安全側に立った推定値を提供しないことを示した。先の、解像度2mmでの計算用のNORMANおよびNAOMIの直線スケールモデルとの比較が行われた。さらに、グリッド解像度のSARへの影響を明らかにするために、900MHz以上において解像度1mmと0.7mmでFDTD数値計算が行われた。基本制限の全身平均SARを生じるために必要な外部電界計算値とICNIRP公衆ばく露参考レベルとの比較が行われた。

ばく露