研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[環境ハザード:子供の健康に及ぼす影響の証拠] review

Environmental hazards: evidence for effects on child health.

掲載誌: J Toxicol Environ Health B Crit Rev 2007; 10 (1-2): 3-39

ヒトの胎児、子供および成人は、環境毒物への親世代ばく露あるいは子供時代のばく露によって健康に悪い結果を経験する可能性がある。胎児と子供は、比較的短い決定的な時期に発育過程を混乱させる毒物に対して特に脆弱である。このレビューは、子供の健康および発達の結果と環境ばく露との間の関連性の知識を要約する。環境ばく露は、鉛、メチル水銀、ポリ塩化ビフェニル(PCB)、ダイオキシン、ポリ塩化芳香族炭化水素(PHAH)、特定の殺虫剤、タバコの副流煙(ETS)、空中アレルゲン、環境大気毒性物質(特に、粒子状物質[PM]、オゾン)、塩素消毒副産物(DBP)、日光、電力周波数磁場、無線周波数(RF)放射、危険な廃棄物処理場への住居の接近、および溶剤である。このようなばく露に関連する健康への悪影響は、胎児死亡、出産異常子宮内発育遅延児(SGA)、早産、臨床的に明白な認知的・神経学的・行動異常、微妙な神経心理学的障害、小児がん、喘息、他の呼吸疾患および急性中毒である。いくつかの環境毒物、特に鉛、電離放射線、ETS、ある種の環境大気毒性物質は、胎児あるいは子供の発達期間に比較的に低ばく露レベルで健康への悪影響を生じる。限定的な、不適切な疫学的証拠から導かれた多くの関連性における不確実性は、特異的なばく露-アウトカム関係および方法論的限界のある研究に原因の一部がある。後者には、(1)粗雑なばく露指数、(2)限定された範囲のばく露レベル、(3)小さなサンプルサイズ、(4) 潜在的交絡因子についての限定的な知識と制御がある。重要な知識として欠落しているものは、受胎前の父親のばく露の役割である。母親のばく露や子供時代のばく露に比べ研究されていない。その他、今後に必要と思われる研究をいくつか挙げる。

影響評価項目

ばく露