[超低周波電磁界は化学治療が引き起こした骨髄毒性を防ぐ] med. app.

Extremely low frequency electromagnetic fields prevent chemotherapy induced myelotoxicity.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2007; 26 (4): 277-281

化学療法では、その副作用により患者の生存率が下がる。疲労骨髄抑制に関連した感染症などがあり、このような副作業が治療時の量を減らすように働く。化学療法後の副作用は二次的腫瘍、急性骨髄白血病心臓毒性を引き起こす。化学療法の副作用は、治療で生じる酸化ストレスと関係し、酸化ストレス治療効果を落とすことになる。自然(食事)または化学薬による抗酸化治療は、化学療法毒性を減らすこと、治療の効率を改善することが報告されている。ここでは、SEQEX(極低周波電磁界を発生する医療電気機器)を用い、ホジキンリンパ腫の患者に対する治療効果を示している。

ばく露