研究のタイプ: 疫学研究 (exposure assessment/dosimetric study)

[携帯電話およびRFばく露における症例対照疫学研究のための頭蓋腫瘍内のSAR特性評価] tech./dosim.

SAR characterization inside intracranial tumors for case-control epidemiological studies on cellular phones and RF exposure.

掲載誌: Ann Telecommun 2008; 63 (1-2): 65-78

多くの国で、携帯電話使用がガンリスクと関連するかについての疫学研究が行なわれてきた。ここでの研究目的は、ばく露の空間分布を考慮しながら、ばく露評価での測量法の導入である。脳腫瘍275症例(日本の疫学研究参加者)の比吸収率SAR)の分布が推定された。携帯電話は、SAR分布および技術仕様に基づき4つのカテゴリーに分類された。その結果は、携帯電話のカテゴリーに大きく依存していることがわかった。対側性腫瘍は通常、非ばく露腫瘍(脳内の最大SARは最高SAR<2.5%)として分類され、携帯電話の多くのカテゴリーで、側性腫瘍の75%で最大SARは、脳内での最大SARの15%以下であった。ばく露の期間と強度を備えた新たな3つのばく露指標を、携帯電話使用とグリオームと髄膜腫リスクに関する日本の疫学研究で使用するための開発された。

ばく露