[検出限界以下を含む個人別無線周波電磁界測定値の統計的分析] tech./dosim.

Statistical analysis of personal radiofrequency electromagnetic field measurements with nondetects.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2008; 29 (6): 471-478

この研究は、個人ばく露計を利用した無線周波電磁界RFばく露測定で、「検出限界以下」と表示された測定値の取り扱いを検討している。従来から、この処理は「検出限界以下」と表示された測定値を検出限界値に置き換えた「単純アプローチ」で行われている。今回は、観察データに想定的分布をフィッティングさせる「頑健性のある順序回帰法(ロバストROS法)」を提案し、QUALIFEX研究で収集した109週間の測定値に適用し、その結果算出される包括的統計量を「単純アプローチ」で算出されたものと比較した。その結果、全RFばく露の90パーセンタイル値および算術平均については、両アプローチによる違いは中程度であった;低いRF発生源のばく露寄与割合については、「単純アプローチ」を用いると相当程度の過大評価を生じた、などを報告している。

ばく露