[[無線周波数電磁界はヒト線維芽細胞に遺伝毒性影響をインビトロで誘発するが、リンパ球には誘発しない」に対するコメント] comment

Comments on "Radiofrequency electromagnetic fields (UMTS, 1,950 MHz) induce genotoxic effects in vitro in human fibroblasts but not in lymphocytes" by Schwarz et al. (Int Arch Occup Environ Health 2008: doi: 10.1007/s00420-008-0305-5).

掲載誌: Int Arch Occup Environ Health 2009; 82 (2): 275-278

【背景】最近公表されたSchwarz らの論文は、携帯電話通信で使用される周波数のRF電磁界へのばく露がヒトの線維芽細胞リンパ球に与える影響を述べた。国際的ガイドラインの限度値を十分下回る0.05W/kg という非常に低いSARであっても、線維芽細胞に大きな影響が見られ、コメットアッセイにおけるコメットテイルファクター(CTF)による評価で線維芽細胞のDNA分子損傷が明らかにされた。【結果】再現研究で得られたCTF平均値標準偏差は変動係数が非常に小さく、1.2から4.9%の範囲であった(平均2.9%)。これは、彼らが報告した大きな変動と対照的である。また、CTF値の個人間の差異も、先に同一研究グループが報告したデータと大きな不一致があった。【結論】彼らの図表のデータを批判的に分析すると、独特の計算間違いや統計的奇妙さが明らかになった。報告されたデータの出所に対する疑念が生じる所以である。

ばく露

コメントがつけられた論文

この論文に対するコメント