[自動車変速ギア工場における磁界ばく露指標の比較] tech./dosim.

Comparisons between magnetic field exposure indices in an automobile transmission plant.

掲載誌: Am Ind Hyg Assoc J 1995; 56 (4): 341-348

自動車会社で、商用周波磁界の個人モニタリングを行い、脳腫瘍の症例ー対照研究に使用した。現在の作業者を研究の対象者が通常行っている作業を表すように選択した。考えられる生物メカンジウムに対応するようにばく露指標を幾つか、81名の作業者のそれぞれで計算した。作業者はモニタリング装置を装着。平気のばく露は0.16-46mG(平均は1.3mG)である。これら指標の多くが一緒に上下するかどうかをノンパラメトリック相関でしらべた。結果はいろいろで、高ばく露に敏感な指標は、相関が約0.71以上、しかし他の相関は0.4-0.6であった。仮定された閾値以上で時間を過ごしている割合による指標は、対数正規モデルで予測されるのと正確性があった。作業者の47%が、予測された指標よりも過剰であり、これは対数正規性は、個々人の短期ばく露分布モデルとしては適していない。

ばく露