[子供と成人の頭部組織における無線周波ばく露分析] tech./dosim.

Analysis of RF exposure in the head tissues of children and adults.

掲載誌: Phys Med Biol 2008; 53 (13): 3681-3695

携帯電話または無線周波源(双極子と無標商の電話機)を使って子供の頭部組織におけるRFばく露を分析している。MRIに基づき、子供の頭部モデルを開発し、頭部内の10g以上の最大比吸収率SAR)を子供7人と成人6人の異種頭部モデルで解析された。同年齢群における変動の影響は、モーフィング技術によるモデルで調べた。子供と成人の異なる頭部モデルの特定組織内における1g以上でのSARも評価された。比較は、有限の組み合わせデータから頭部モデルができているので、確認が必要である。ュミレーションは成人と子供の頭部モデルの間に予測された10gでの最大SARの違いが標準偏差よりも小さいことを示している。しかしそれは5歳から8歳の間の子供モデルの末梢脳組織1gの最大SARは成人モデルの約2倍高いことを示している。この違いは8歳以上の子供の頭部モデルでは観察されなかった。この違いは年少の子供の耳介、皮膚頭蓋骨が薄いことで説明できる。

ばく露

関連論文