[個人RF電磁界ばく露の特性記述と一般公衆における実際の吸収] tech./dosim.

Characterization of personal RF electromagnetic field exposure and actual absorption for the general public.

掲載誌: Health Phys 2008; 95 (3): 317-330

本論文では12の異なる無線周波源による一般の個人電磁界ばく露を特徴づけた。時間、環境、活動と場所を基に、28の異なる現実的なばく露を定義し、個人ばく露メータを使用して適切な測定を行った。事務所での屋内ばく露は、屋外ばく露より高い可能性がある。0.36-0.58Vm-1のWiFi幅、0.33Vm-1のDECT幅を測定すると95%であった。GSMとDCSダウンリンク信号は屋外で最高で、0.52Vm-1であった。最高電界ばく露はGSMとDSCアップリンク信号による携帯電話で発生したばく露で、環境によって異なる。移動中に窓から携帯電話信号が浸透することもある。この方法は実際のじっ画い全身吸収ばく露に関連させて提案された。GMSダウンリンク信号による人体モデルに実際の吸収を決めた。50、95、99%の全身SARが0.58?Wkg-1noGSM信号で,2.08と5.01は95%で得られた。実際に使える機能を全身SARと電界との関係で提案した。本論の方法は、基本的制限ばく露と比較するために、実際の全身SARと電界の組み合わせの分析疫学研究をを可能にしてくれる。

ばく露