研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[電磁界と健康:一般社会における危険認識] risk

Electromagnetic fields and health: Risk perception in the general public.

掲載誌: Umweltmed Forsch Prax 2007; 12 (6): 343-349

世論調査が示したことは、大衆と一般開業医の大半は、電磁界への日常のばく露健康障害の非特異症状誘発すると信じていることである。科学的不確実生を考えると、多くの相互作用要因は危険認識の一因となる。年齢、性、および教育のような個人的特徴の他に、ばく露の主観的知覚が重要な役割を演ずる。ばく露が個人的に制御され得る、よく知られ、高い個人的利益を与えるEMF源は、わずかの懸念しか生じさせない。典型的な例は、携帯電話に起因する低い懸念である。対照的に、携帯電話基地局は大きな懸念を生じさせる。未解決の問題は、社会的関心に対する政策立案者からの予防措置の影響である。ドイツとスイスにおける人口調査の比較は、懸念した人々の割合に関する異なる予防措置からの重要な影響は示さない。

リスクコミュニケーション

リスク認知

影響評価項目

ばく露

調査対象集団

summary of surveys of citizens in Germany and Switzerland as well as of general practioneers in Austria and Switzerland from 2003 to 2006.