[60 Hzの電磁界への周産期のばく露の後に成獣ラットのオペラント行動の変化が見られる] med./bio.

Altered operant behavior of adult rats after perinatal exposure to a 60-Hz electromagnetic field.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1990; 11 (2): 105-116

ラットを周産期、子宮内での22日間と分娩後の最初8日間、擬似ばく露また60Hz電磁界ばく露した。1日1回で 30日間のばく露は20時間であった。 電界の垂直成分は30kV/m(rms)で、磁界は100μTG(rms)であった。その後、成獣雄ラットを多重ランダム・インターバルで給餌で強化させ、オペラント反応をする様に訓練した。ばく露されたラット(N=21) は、対照のラット(N=20) が反応するよりも、有意に低率での反応が徐々に見られるようになった。 この結果は、2度目の別個に実施された実験で確認された。その後、オペラントのコンディショニングとそれに引き続く反応の実験的消滅、更にコンディショニングの一時中止、そして更に最終的な1ヶ月以上の再コンディショニングの結果、反応のより低率化が成獣ラットで継続する事が見出された。 電磁界への複合した胎児/新生児ばく露した後、数ヶ月に亘る行動が変わって行く証拠は、他の知見と対照をなしている。他の知見は、体重、外見、全体的に観察される行動、そして病変などの点で、電界ばく露ラットと対照ばく露ラットとは相違が無かったことである。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露