[電力周波磁界と小児白血病のリスク:『送電線からの距離』をばく露の代用指標としたことによるばく露の誤分類] tech./dosim.

Power frequency magnetic fields and risk of childhood leukaemia: misclassification of exposure from the use of the 'distance from power line' exposure surrogate.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2009; 30 (3): 183-188

送電線への近接と小児白血病との関係を調査する最近の研究では、ばく露測定基準が電力周波数磁界の調査に適しているかどうかについての議論を再び始めている。イギリスとドイツの大集団に基づく2つの研究からのデータを使って、我々は送電線からの距離は測定される住居の磁界にとって比較的不十分な予測値であることを立証示している。50m以下の近接でさえ、住居測定でO.2μTを超える正の予測値は、わずか19.4%であった。負荷などの他の変数を考慮せずに送電線からの距離のみを使用することは、明らかに住居の磁界ばく露の不十分な代理値を示す結果となる。結論として、このように重大なばく露の誤った分類は、距離のみに頼った研究結果を説明できないものにしている。

ばく露

関連論文