研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[磁界への長期ばく露およびアルツハイマー病と乳がんの危険:これからの生物学的研究] review

Long-term exposure to magnetic fields and the risks of Alzheimer's disease and breast cancer: Further biological research.

掲載誌: Pathophysiology 2009; 16 (2-3): 149-156

【目的】極低周波数(ELF)と無線周波数(RF)の磁界(MF)は我々の環境に浸透している。これらの磁界が、がんアルツハイマー病といった重病の危険の増加と関連しているにせよいないにせよ、合理的公共政策の進展の際には、この件は重要である。生物主導報告は、この問題を解決するために、これらの磁界へのばく露生物学的影響の調査に多くの時間を費やした国際的に認知された科学者による取り組みだった。我々の目的は、最新の知識の公平な再検討を提供し、我々の一般的かつ特有の結論を提供することである。【結果】その証拠は、ELF磁界への長期間の重大な職業ばく露が、アルツハイマー病乳がんの両方のリスクをほぼ増加させる可能性があることを示唆している。2つの関連ある生物学的過程(増加したアミロイドベータ生成、減少したメラトニン生成)が、アルツハイマー病を引き起こす可能性のある長期間の高ELF磁界ばく露によって影響される証拠が現在存在している。これらの生物学的過程のひとつ(減少したメラトニン生成)が乳がんを引き起こすこともあるかもしれない追加証拠がある。最終的には、RF磁界へのばく露もELF磁界へのばく露も類似の生物学的影響をもつ証拠がある。【結論】機器設計を変更することおよびAC/DC変圧器などの電気装置の環境配置を通して、ELFおよびRF磁界ばく露を軽減することが重要である。これらの提案された過程および他の生物学的過程に関連した更なる研究が要求される。

影響評価項目

ばく露