研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[放牧中および休息中のウシおよびシカでの磁場による整列] med./bio.

Magnetic alignment in grazing and resting cattle and deer.

掲載誌: PNAS 2008; 105 (36): 13451-13455

この研究は、畜牛およびシカの生態学的研究である。簡便で非侵襲的な方法(衛星画像の分析、野外観察、雪上の「シカが横たわった場所」の測定)を用いて、世界各地の畜牛(308箇所の牧草地でn = 8510)、および草を食べたり休息したりしているアカシカおよびノロジカ(241の場所でn = 2974)が、体軸をほぼ南北方向に揃えていることを示した。ノロジカの詳細な直接観察では、草を食べる時および休息時に頭を北に向けていることがわかった。驚くべきことに、この広く見られる現象に、牧夫、牧場主、またはハンターはこれまで気づかなかったようである。体軸の向きの決定要因として、風と光の条件は共通であるために除外できると考えられるので、磁気アライメントが最も倹約的な解釈である。そこで、「畜牛は地球の磁力線に沿った体軸方向をとる」という仮説を検証するために、磁気偏角の高い地域での畜牛の体軸の向きを分析した。結果として、磁北は地理的な北よりも優れた予測因子であることが示された。著者らは、この研究で統計学的に十分なサンプルサイズに基づいた大型哺乳類磁気アライメントを明らかにできたと考えており、今後は、動物磁気感受性やそのメカニズムの解明が課題である、と考察している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether grazing and resting cattle, red deer and roe deer align their bodies along the geomagnetic field.

詳細情報

Cattle (n=8510) were analyzed in 6 continents (Africa, Asia, Australia, Europe, North America, South America) by satellite pictures. Red deer and roe deer (n=2974) were observed in the Czech Republic in 227 localities by direct observations and indirectly via "snow beds" (resting position).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • geomagnetic
-

ばく露1

主たる特性
周波数
  • geomagnetic
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Body axes of cattle, roe deer and red deer showed a significant deviation from random distribution with a preference for a north-south alignment. No statistically significant influences of wind and sun were found.
The data indicate that ruminants could have some kind of magnetoreception system.

研究の種別:

研究助成

関連論文