[人工股関節置換術を受けた患者におけるパルス電磁界刺激の影響:二重ブラインド法による無作為前向き研究] med. app.

Effects of pulsed electromagnetic stimulation on patients undergoing hip revision prostheses: a randomized prospective double-blind study.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2009; 30 (6): 423-430

この無作為前向き二重盲検法研究では、パルス電磁界(PEMF)の影響が、ワーグナーSL脚を使ってヒップ修正を受けた被験者30人において調査された。修正後、被験者最大90日間、1日6時間の治療を受けた。研究評価項目は、Merle D’Aubigneの関数尺により臨床的に、かつ、Gruenゾーンでの二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)による手段で、評価された。Merle D’Aubigneによる被験者の改善は、プラシーボ対照群と比較すると、能動刺激を受けている被験者がより高くなった(P<0.05)。DXA検出結果の分析において、90日で計測された値から手術後の骨ミネラル密度(BMD)値を各領域に対して差し引いた。そして、3.5%を超えるすべての結果を応答物として見なした。手術後のグループと調査90日時点でのグループの間で、各Gruenゾーンでの平均BMD値において大きな違いはなかった。内側皮質に対応しているGruenゾーン5と6において、実験対照グループでの2つの領域で6つの応答物(40%)を観測したが、一方、刺激を受けたグループでは、それぞれ、14の応答物(93%)と10の応答物(66%)を観測した(両方ともP<0.05)。この研究は、PEMF治療が臨床的回復と骨ストック修復を助けることを示した。

ばく露