[細胞研究と極低周波電磁界の相互作用メカニズム] tech./dosim.

Cellular studies and interaction mechanisms of extremely low frequency fields.

掲載誌: Radio Sci 1995; 30 (1): 179-203

<目的>レビュー <方法> <結果>ELF(extremely low frequency)の細胞に対する影響をレビューした。まず最初にELFの標的としてあげられるのが細胞膜である。ELFが膜のイオン透過性やリガンド受容体の相互作用、ならびにG蛋白の活性化に作用するのではないかといわれている。このような変化は細胞内シグナル伝達へ強い影響を及ぼす。また、ELFは酵素活性遺伝子発現へ影響を及ぼし、これらと関連して蛋白合成細胞増殖を変化させるとも考えられている。これらの分子的変化はそれぞれ単独ではなく、相互に結び付いているものが多い。さらにこのような変化はがん細胞で観察される代謝異常とも深く関連しており、多段階発がん過程におけるあるステップにELFが影響を及ぼしている可能性が示唆される。しかしながら主としてELFの磁界の影響なのか、電界の影響なのか、その両方のものなのか、さらにはELFに加えて直流磁界の効果が修飾しているのかなど、不明な部分が数多く残っている。生物学的因子、例えば細胞型、周期、培養期間、成長因子、環境温度などELFの影響を左右するかどうかについても不明な部分が数多く残っている。今後このような多くの課題を解決して行かなければならない。

ばく露