研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[超低周波(ELF)電磁界の細胞への影響] review

Cellular effects of extremely low frequency (ELF) electromagnetic fields.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2009; 85 (4): 294-313

【目的】超低周波(ELF)電磁界が生命系に与える影響については、過去50年間、幾多の調査が為されて来た。特に、これらの電磁界がんに果たす役割、免疫細胞神経細胞への効果や、骨細胞および神経細胞、創傷の治癒、虚血/再灌流障害に与えるプラスの影響を調査した研究を選び、これらを細かく調べる。【結論】ELF 電磁界による生物学的な悪影響の正確な姿、その背後にあるかもしれない物理学的メカニズム、ヒトにとっての有害度、こうしたことについては未にだ一般的合意が出来上がっていないことが、文献によって示されている。そうはいうものの、インビトロの実験結果の大半は、ELF電磁界が数知れぬタイプの変化を細胞中に引き起こすことを示している。細胞レベルで観察された擾乱がそのまま、人体における負の効果として推測できるか否かは未知である。しかしながら、ELF 電磁界生物学的システムに与える無数の効果は、これらの電磁界からヒトが受けるリスクを評価する際と、その結果に基づき一般市民および職業ばく露される労働者を守る適切な法を通過させる際に、無視されてはならない。電磁界のプラスの効果に関しては、治療的プロトコールにおける効能をさらに試験してゆく可能性を見過ごしてはならぬ。

影響評価項目

ばく露