研究のタイプ: 疫学研究 (exposure assessment/dosimetric study)

[多国間研究における携帯電話出力を決定する因子:ばく露評価への影響] tech./dosim.

Determinants of mobile phone output power in a multinational study: implications for exposure assessment.

掲載誌: Occup Environ Med 2009; 66 (10): 664-671

携帯電話の出力は、直接的にはその電話機からの無線周波電磁界強度で説明されるが、携帯電話の出力制御技術により、理論的にはネットワークの違いや携帯電話使用環境でかなり大きく変化するはずである。疫学研究におけるRFばく露の指標を改良するために、多国間研究において携帯電話の出力を決定する因子を調べた。ソフトウェアを修正した携帯電話GSM SMP)を用いて、12ヶ国のボランティア500人で調査した。このSMPは、通話毎に時間・周波数帯・出力を記録するもので、6万通話以上について分析された。結論として、平均出力はGSMネットワークが理論的に達成可能な最小レベルよりかなり高いこと、それぞれの通信システムの平均出力を考慮することにより、ばく露指標は改良されるかも知れないことが示された。非常に人口がまばらな地域での使用以外には、携帯電話の使用環境についての情報を収集することにあまり意味はないようである。

ばく露