[大きな勾配のある強磁界はMACF1のアクチン及び微小管細胞骨格との関連に影響する] med./bio.

Large gradient high magnetic field affects the association of MACF1 with actin and microtubule cytoskeleton.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2009; 30 (7): 545-555

この論文は、強力な非一様磁界細胞内に本来存在する反磁性物質に作用して、強い磁気力を発生させる得ることを考慮して、超電導磁石によって大きな勾配を持つ強磁界(LG-HMF)を与える装置を作成し、骨芽細胞様の細胞(MG-63 and MC3T3-E1)のバイアビリティ、MACF1遺伝子発現とそれの細胞骨格との関連に対するLG-HMFの影響を調べた。与えたLG-HMFは、-1360、0、+1312 T2/mで、これの相当する重力は0 G、1 G、2 Gである。その結果、LG-HMFは、骨芽細胞様の細胞のバイアビリティ、MACF1遺伝子の分布と発現、それの細胞骨格との関連にある程度影響すると結論している。

ばく露