[無線周波数放射により生じる生物学的試料の温度変化測定への温度依存性蛍光染色(ローダミンB)の応用] tech./dosim.

Application of a temperature-dependent fluorescent dye (Rhodamine B) to the measurement of radiofrequency radiation-induced temperature changes in biological samples.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2009; 30 (7): 583-590

この論文は、特に小さな生物学的試料への無線周波電磁界放射により生じた温度変化を非接触的に測定するため、温度依存性のある蛍光染色(ローダミンB)をレーザ走査型共焦点顕微鏡により画像化する試みを行った。測定結果のキャリブレーションは光学ファイバープローブでの温度の実測により行い、2次元、3次元温度変化の分布を提供することを示したが、温度測定間隔が1分間では長すぎるという問題点が残ったと報告している。

ばく露