研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[無線周波数放射線と遺伝子/タンパク質発現: ひとつの概観] review

Radiofrequency radiation and gene/protein expression: a review.

掲載誌: Radiat Res 2009; 172 (3): 265-287

移動遠距離通信は近年いちじるしく進歩して来た。無線技術の発展とともに、これら新製品が発する無線周波数(RF放射線へのばく露に関連した、健康への潜在的影響が、人々によって大いに懸念されて来ている。大衆的メディアの中でしばしば報告される、矛盾を孕んだ科学的証拠が、人々の心配にさらに油を注いでいる。いくつかの疫学的研究の報告によれば、携帯電話を片側の耳だけで使うことが脳腫瘍リスクを高めることに関連しているということであり、一方、他のいくつかの研究は、脳腫瘍リスク携帯電話使用との関係を10年以上の長きにわたって報告している。しかしながら、他のいくつかの大きな疫学研究は、同様の関係性を見出すのに失敗している。国内および国際のRF放射ばく露ガイドラインが存在するにもかかわらず、人のRFばく露に関して、人々からの予防に対する要求はいっそう高まっている。現今の疫学的証拠は、低レベルのRF放射ばく露健康リスクについて決定的な判定を下すには不十分であるので、生物学的妥当性と相互作用の理論的メカニズムを査定する、実験室内での証拠が重要となっている。数多くの研究が、RF放射線によって、さまざまの細胞/組織において遺伝子/蛋白質発現に変容が引き起こされ、それが潜在的に有害な健康上の変化と関連している可能性があると報告している。また、一方では、RF放射線と関連した、いかなる明確な効果も示さないその他の研究も存在している。本レビューは、低レベルのRF放射線によって引き起こされる蛋白質および遺伝子発現変化に関連する、現今の科学的証拠に焦点を当てる。

影響評価項目

ばく露