[電磁界へのIn vitroばく露後のヒトPBMCsにおけるアデニル酸キナーゼ活性の変化:超低周波電磁界(ELF)と音楽的変調電磁界の治療応用(TAMMEF)との比較] med./bio.

Alterations in adenylate kinase activity in human PBMCs after in vitro exposure to EMF: comparison between extremely low frequency electromagnetic field (ELF) and therapeutic application of a musically modulated electromagnetic field (TAMMEF).

掲載誌: J Biomed Biotechnol 2009: 717941

この研究では、In vitroでヒト末梢血単核細胞プリン代謝に関係する酵素における電磁界の影響を調べた。細胞は20人のボランティアから得られた。低エネルギー、極低周波電磁界(ELF;100Hz)と音楽的変調電磁界治療応用(TAMMEF)との両方で実験を行った。TAMMEFは可変周波数、強度、波形で表せられる。アデニル酸キナーゼ活性は極低周波電磁界ばく露後上昇したが、TAMMEFばく露後はわずかに低下した。2種類の電磁界はいずれも、プリン代謝酵素の外部5’-ヌクレオチダーゼアデノシンデアミナーゼ、アデノシンキナーゼの活性には影響を及ぼさなかった。これらから、超低周波細胞の電荷安定に影響を及ぼすと結論付けられた。アデニル酸キナーゼ活性の刺激によって細胞を平衡状態に回復することができた。その一方、TAMMEFは細胞の電荷の維持や調整に役立つ可能性がある。

ばく露