[ELF磁界ばく露ラットにおけるメラトニン分泌傾向の予測モデルとしてのロジスティック回帰とニューラルネットワークの性能比較] tech./dosim.

Comparing performances of logistic regression and neural networks for predicting melatonin excretion patterns in the rat exposed to ELF magnetic fields.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2010; 31 (2): 164-171

この研究は、超低周波磁界(ELF-MF)にばく露させたラットにおけるメラトニン分泌を調べた33の実験研究(メラトニンレベルの変化なし:63.6%、変化あり:36.3%)について、磁界の作用因子(周波数、ばく露期間、磁界強度は連続変数とし、磁界極性はコード化)と実験結果(メラトニンレベル変化の有無の2値数)の関係をモデル化した。検討した数学モデルはロジスティック回帰(LR)モデルと人工ニューラルネットワーク(ANN)モデルである。LRではメラトニンレベル変化の有無を2値の独立変数、磁界の作用因子を複数の従属変数とし、ANNモデルではメラトニンレベル変化の有無の2値を出力、磁界の作用因子を含む6本のニューロンを入力層として、それぞれモデルの最適化を行った。その結果として、実験結果に対し意味がありうるかも知れない作用因子の解釈や2つのモデルにおける実験結果と作用因子の関係性の違いについて論じている。

ばく露